住まいのスペース配分を考える

住まいのスペース配分を考える

いまどきの住まいの絶対条件駐輪場

最近は健康ブームの中、移動手段に車ばかり利用していると、運動不足になりメタボに一歩近づきます。そこで公共交通機関を利用することは、その最寄の駅やバス停まで行く事や、階段などの上り下りにも運動効果があります。駅などには、エスカレーターやエレベーターが設置してありますから重い荷物などを持った場合にも安心です。そしてほんのそこまでというときは、徒歩や自転車に乗って行動するのが健康のためにいいと思います。スーパーなどでは、いつも満車の駐車場でも出入り口の一番近いところに駐輪場がありますからとても儲けた気分です。重い買い物をしても自転車なら重くてくだびれると言うこともありません。住まいのほとんどに昔は駐輪場がありましたが最近は自動車におされ気味でなくなってはきていますが、今こそ体を動かす生活を見直してみて自動車に頼る生活から脱出するのがいいんじゃないでしょうか。

我が家もそんな車中心になってしまった家族です。昔だったら未成年の車に乗れない子供がいたので自転車が3台ありましたが今は取って代わって車が3台になりました。素敵な駐車場の屋根を設置しましたが、自転車は駐車の邪魔になると奥のほうにはじかれてしまいました。しかし最近のメタボの診断によりまめな運動が義務付けられ車以外に自転車をよく利用するようになりました。駐輪場が無いので、すぐパンクするしこの前上の子が高校のとき使っていた自転車が盗まれるし、思い切って駐車場のすみに駐輪場をつくりました。皆さん自転車に乗って健作りがんばりましょう。

おすすめ!