住まいのスペース配分を考える

住まいのスペース配分を考える

マンションの駐輪場が整っていれば、住まいの快適性はアップする

以前住んでいたマンションには、駐輪場があったのですが、とても狭くて、他の住民の方の自転車と重なり合うようにして駐輪しなければならず、出し入れするのが、とても大変でした。急いでいるときなどは、とてもイライラしました。多分、持ち主のない自転車も数台は停めてあったのだと思います。壊れたものや、ほこりのかぶったものもあったからです。持ち主のない自転車を特定するために、ときどき、各自転車に、マンションの管理会社が張り紙をしていました。この自転車に持ち主がいる場合はこの張り紙をはずしてください、という内容の張り紙でした。張り紙がずっとはずされないままの自転車は、持ち主がいないとみなし、処分するというわけです。また、マンションの駐輪場には、入居者以外の人が駐輪している自転車もあったと思います。このようなことを防ぐために、あるマンションでは、住民が入居時に駐輪場の使用許可ステッカーのようなものをもらい、それを自分の自転車に貼るように決めているようです。ステッカーのない自転車は、入居者以外のもの、とw駆るようにするためです。

このように、マンションの駐輪場にも問題があります。些細なことのように感じるかもしれませんが、自分の住まいがこのような状態だと、快適性に欠けると思います。毎日毎日乱雑に置かれた自転車を見ていたら、イライラします。駐輪場を整えることも、入居者にとっては、とても大事なことだと思います。

おすすめ!