住まいのスペース配分を考える

住まいのスペース配分を考える

住まいには屋根つきの駐輪場を設置しましょう

私の家には自転車が4台、バイクが1台あります。家づくりの際に、必ず屋根つきの駐輪場をつくって乗り物を大切にしたいと考えていました。いろんな人の家を見学に行って、外まわりも見学させてもらって、自転車などの管理をどのようにしているか駐輪場も見学しました。すると、どこの家庭に行ってもしっかりと自転車などの乗り物を雨からしのげるように屋根付の駐輪場を設置しているご家庭が非常に多かったです。やっぱり、乗り物は、雨に打たれるとすぐ悪くなってしまうので、お金を掛けてでも、しっかりと屋根つき駐輪場をつくった方が良いという考え方は、みなさん同意見でした。私が見学に行った家で非常に多かったのは、駐輪場にとどまらず、ガレージを持っているご家庭が8割でした。

バイクを持っているご家庭が多かったのですが、駐輪場と言えばガレージでしょうという強いインパクトでみなさん家づくりの際に頑張って建てたそうです。この方たちは、駐輪場(ガレージ)で、バイクの整備をしたりするそうです。また、バイクの保有台数が多い方もいました。私もこの勢いにのり、マイガレージを駐輪場として家を建築時に立てました。最少は、屋根だけの駐輪場設営を計画してましたが、バイクを持っていることもあり、ガレージにしました。みなさんも住まいに必用な駐輪場をどのように設営するかしっかりと考えて、人の家に遊びに行った際などに駐輪場も参考に見せてもらってください。私の1番のお勧めはガレージです。

おすすめ!