住まいのスペース配分を考える

住まいのスペース配分を考える

駐輪場のある住まいっていいですよね。

マンションとかだったら専用の駐輪場っていうのがあります。でも、一戸建ての住まいの場合はそういうのはないですね。専用に作ってるおうちっていうのは、本当に敷地が余っているところでしょうね。大体は駐車場を作ってると思うのでそのすみにおいていたり、車を所有しないところは、そこが駐輪場になっていたりと、特別につくるというのはないでしょうね。でも、車だけの生活というのは、庶民の暮らしではないでしょうね。みんな一台は、自転車は持ってるのではないでしょうか。一人に一台もってるのがあたり前になってきてます。そうなると、4人家族なら、4台あることになるんですね。その4台の自転車って、結構置く場所は必要になってきます。

玄関の前とか、その横とか、ちょっとしたスペースを利用して、みんな置いているなって思います。まだ子供が小さいときは、小さい自転車で、しかもこまつきというものもあったりします。子どもが生まれてから、ある程度の大きさになるまで、この自転車っていうのは、どれくらい買い替えることになるんでしょう。結構な台数をのりこなしていくことになりますね。ちょっと勿体ない気はするんですが、成長とともに大きなものにしていかないと、乗ることができなくなってしまうので、ここは仕方ないことですね。小さいものがら、どんどんと大きなものになっていくのは、成長の証だなって思います。買うのはいいのですが、前のものをどうするかっていうのも頭の痛いところです。

おすすめ!