住まいのスペース配分を考える

住まいのスペース配分を考える

住まいにおける駐輪場のすすめ

最近は自転車ブームも相まって一人一台は当たり前の所有となっています。それに伴って駐輪場のスペース確保の問題も大きくなっています。特に、住まいにおいては限られたスペースと予算の中でいかに駐輪場を作り出すかに課題があります。よく見られる光景は、駐輪場が全くない場合とあったとしても満車であふれかえって雨ざらしに放置されている様な状態です。ひどい所では、公道にまではみ出して駐輪している所を目にする事があります。これでは、サビなどにより自転車の安全な状態を保てなる他に、盗難のリスクも高くなります。

自転車愛好家達は、高価なロードバイクやマウンテンバイクなどを所有していますので室内に壁掛け用のラックを設置してディスプレイも兼ねて保管している人もいます。また、住まいに駐輪場のスペースがあまり取れない人の中には、折りたたみ自転車を選択して帰宅の際は、折りたたんだ状態で玄関等に収納している人もいます。意外と場所をとる自転車ですがみんな大切に乗るために頭を使って考えているようです。このようにして大切な自転車をアイデア次第で安全に駐輪しているのです。

お気に入りの自転車を買っても、駐輪しておく場所がない事があってはいけません。購入する前に駐輪場の件も解決しておかなければ快適な自転車ライフは送れません。故障や盗難のリスクを避けるためにも、自転車も自動車と同じくらいに大切に保管する事を心がけてもらいたいと思います。

おすすめ!